SAIとは

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

SAIについて

経営理念:『はたらく人の心が大切にされ、生産性が上がる組織づくりをサポートします

 

3facts”for well-being of you who make the world a better place.”

SAIは、フィンランドで学びソーシャルワーカーの国家資格を得た代表(おおばやしあや)によって、フィンランドのエスポー市と埼玉県所沢市に設立されました。
この”個と全を活かす”経営理念を通し、誰もが生きやすく幸せな社会づくりに本気で貢献してまいります。

修めたソーシャルサービスという学問による福祉的視点から、生産性や成果を伸ばす前提として人の感性や感情を大切にし、関連する三つのキーワード 「コミュニケーション」「クリエイティビティ」「ウェルビーイング(より良く生きる)」の向上をねらうサービスや製品を開発・提供しています。
現在、以下の

企業研修

(フェア・コミュニケーション、チームビルディング、アイデンティティワーク、モラルスキル・トレーニング、創造的ワーク、解決志向アプローチなど)

コミュニケーションツール開発

(Cx3BOOSTER、Cx3miniなど)

はたらく人のためのカウンセリング

(ビジュアライゼーションカウンセリングなど)

がメインの商材となります。

才能や魅力のない人はいません。人はみなそれ違う、だからこその社会です。正しいモラルとフェアな観点を持ち、多様な理論やメソッドを効果的に使いながら、だれもが自己肯定と他を受容でき、互いに協働しながら活き活きといられる世の中に貢献します。
それぞれのサービス、プロダクトについては各ページをご覧ください。

企業研修  / イベント  / Cx3BOOSTER® / Cx3mini / カウンセリング

[企業研修に特化したご案内サイト] http://wellbeing-at-work.jp/

 

代表について

Rep. Aya Obayashi

おおばやしあや (Aya Obayashi)[pdf版]

  • 職場のwell-being実践講師/ファシリテーター
  • フィンランド国家認定ソーシャルワーカー
  • コミュニケーションツール研究・開発者
  • エンカウンターアート* インストラクター
  • ビジュアライゼーション(可視化)カウンセラー
※養命酒製造株式会社さまとは何の関わりもありません(ただの養命酒ファンです)
(*フィンランドで発展している自己表現や気づき、癒しの感性アートプログラム)

 

日本で造形美術を学びデザイナーとして7年の就職後フィンランドへ渡航。Laurea応用科学大学にて約5年間ソーシャルサービスを学び、2016年卒業。在学中よりCx3BOOSTER®開発に取り組み、二国で起業。

多様性や福祉的視点を重視し、主に社会人の『Communication, Creativity, Well-being』の向上をテーマに、ツール開発のほか、国際経験豊富な講師としても、理論的思考法と創造的思考法、感性と合理性などをバランスよく組み合わせた「楽しくて、頭と体でよくわかる」ワークショップや企業研修などを提供しています。

実践では、日本ではあまり見られない様々な手法(クリエイティブメソッズ等)や自社開発ツールを用い、まずは感性や隠れた創造力を刺激し、楽しく心に負担のかからない形で各人の個性を引き出し、お互いフェアに意見や個性を尊重するロールプレイを通して、信頼ベースの良好なコミュニケーションの状態に整えるところから始まります。

ただ単純に数字を上げるためではなく、多様性の大切さ、一人ひとりの人生を含むより良い在り方(well-being)は何かを問い、そこから当事者の方々が自発的協働的に考え、目指す組織改革やチームビルディング、生産性の向上に取り組み、人も組織も相乗的に発展してゆくこと、workers-centred(自分たちで考え、実行する)の改善・改革を継続的に実現していただくこと…『はたらく人の心が大切にされ、生産性が上がる組織』が日本にたくさん生まれ、より生きやすい幸せな社会になることを心から目指しています。

 

(more)

日本で造形美術を学び、IT関連企業でデザイナー、プロジェクトマネージャーとして勤務する中で、うつ病を始め心身の不調が多く見られる社内のコミュニケーション改善に取り組み、苦戦。大切な仲間が病んだり会社を去ったりしなければならない辛さを忘れられず、「人はひとりでできないことを成すために会社を作るのに、なぜ人といることでこんなに苦しむのだろう?」「本来は人も組織も必ず共栄共存できるはず」「働く人が、少しでも心を軽くして活き活きといられるように」は今もなお取り組み続けている大きなテーマ。

業務の傍ら、多文化バックグラウンドを持つ子どもの学習支援などを経て、広義での「より良い社会とは何か?」「人が苦しまず自分らしく生き共存していくためには?」を知るために退職、フィンランド ラウレア応用科学大学ソーシャルサービス学科に入学、2016年卒業。

5年間滞在したフィンランドでは、福祉全般や教育、カウンセリング、グループワーク等を学ぶ。特にアート制作や音楽、演劇などクリエイティブな要素を媒介にした、心に負担が少なく効果の高い自己表現法の癒し効果、エンパワーメント、コミュニケーション向上の方法論「クリエイティブメソッズ」に大きく着目し、研究を進める。

多様化した苦しみを抱える現代人の”well-being”(より良く生きる)の実現のため、 在学中に研究開発に励み、2013年にエスポー市にて「人が、自分の持つ才能や魅力、創造性に気づき、より豊かに力強く生きられる」ことをテーマに、NPO「I.L.O.」を設立、2015年にコミュニケーションツール「Cx3BOOSTER®」販売と“Communication, Creativity, Well-being”向上のためのプログラム提供を柱とした組織向け事業「SAI -social change and inclusion-」を開始。フィンランド滞在中は邦人向けに癒しのアートプログラム提供や、現地の企業にてwell-beingコミュニケーション体験や生産性向上のための研修、ワークショップを行う。

またフィンランドで4年にわたる多文化児童・生徒への学習指導経験から、主に中学生向けに「個性を活かす」「落ちこぼれを作らない」「自分の頭で考える」ためのマインドマップやアートワーク、論理的/創造的思考法などを使ったstudent-centred(生徒中心)のユニークな授業形式を作り上げ、楽しく、自ら考えて学べ、気づきや自己成長にもつながると国内外で好評を得る。

 

2016年秋より期間限定で日本へ拠点を移し、苦しむことの多い社会人がより幸せに意義をもって働けるための「個と全を活かす」「はたらく人の心が大切にされ、生産性が上がる」自己発展と組織開発の研究を続ける。

社会福祉的視点と組織の生産性向上の両立を重視し、各種ツール開発のほか、状態や目的の可視化、論理的および創造的思考、理論と実践、合理性と感性の刺激をバランス良く取り入れたオーダーメイドのワークショップや研修を企業、NPO、大学にて提供。「納得でき、気づきをもって非常に楽しく学べる」と口コミで日本各地にクライアントを増やしている。

 

読み物: note / INSIGHT NOW!

 

chairman

Our chairman

こちらはSAIのチェアマンです。

>> カエル王子チェアマンのフォトギャラリー

 

所在地情報

 

SAI -social change and inclusion-  Kivenlahti, Espoo, Finland (head office)

代表: Aya Obayashi (おおばやしあや)  ビジネスコード: 2674863-1

 

SAI Japan サイジャパン 日本事業所

埼玉県所沢市東狭山ヶ丘1-36-19-501

代表:おおばやしあや 会計担当:大林修一

 

SAI Japan サイジャパン 仙台事務局

仙台市青葉区通町2-5-28 アクス通町3階(株式会社マグネットデザイン内)

担当:岩澤仁子

 

https://www.facebook.com/SAI.201503

https://www.facebook.com/c3booster (Cx3BOOSTER®)

http://s-a-i.fi

 

お問い合わせ

 

facebook [SAI social change and inclusion]

facebook [Cx3BOOSTER®]

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。