8月より日本で活動開始します

Cx3シリーズを用いてのSAIおおばやしによる研修、ワークショップ(2016年2月)にご参加いただいた皆様からの感想を一部シェアさせていただきます。

————————————–
・これまで、うちの会社は人手不足で、新しい人を採用しなくては、と考えていました。そうではなく、今いる仲間たちで十分なのだ、と思えることができました。

・夢のような、あっという間の3時間でした。当日参加された皆さんとお目にかかるたび「楽しかった!」という声を聴きます。
既に社内で実践しようとしていらっしゃる事業所様もあり
まして、企画して本当によかったと思っている所です。

・今まで自分がいたことのない世界にいたような、ちょっと夢のような時間だったなぁと、改めて感じています。あのときの感覚が、私は未だに忘れられません。

・内容、時間ともに、ほぼ完璧な、期待通りの進行でした。
特に、多様なメンバーが、楽しみながらお互いを傾聴を促すための仕組みは、Cx3BOOSTERを使ったWSならではの価値だと思います。
また、初対面ということもあり、若干緊張していたメンバーの心をほぐし、お互いに理解しあうためのマインドセットを育めたのは、
大林さんの真摯かつ軽妙な司会進行のおかげだと感じています。本当にありがとうございました。
———————-
おおばやしは今月末より3年を目安に日本で活動いたします。

SAIの提供するプロダクトとワークショップは、すべて「Communication, Creativity, Well-being」が柱になっています。

フィンランドで様々な理論を取り入れつつ主にwell-being at the workplaceのために約3年をかけて開発した、「個と全を活かす」コミュニケーションツール「Cx3BOOSTER®」。

公開から1年弱ですでに企業、大学でたくさんの方にご愛用頂いておりますが、
理論、方法論を 論文(フィンランドの高等教育機関にて6月発表)にすべてまとめきったことで、Cx3シリーズの「説得力」は以前と比べ格段に増しました。

ポイントは、『私たちが組織を変える』こと。講師など外部からの介入に頼りきらずとも、最終的には会社で働く当事者の方々の意志と行動こそが現実的な改善の要です。
自分たちで目標を見据え、クリエイティブに考え、動く、実現する。そのためのサポートができるようなツール開発を目指しており、ゆえに常に改良を重ねています。

ウェブサイトの情報も8月半ばまでによりわかりやすく具体的なものへ更新いたします。お待たせをして申し訳ありません。

すでにご依頼を頂いているクライアント様もいらっしゃいますが、8月末もしくは9月頭より順次ワークショップを行ってまいりますので、ご興味をお持ちの方は、今後のおしらせをお待ち頂くか、日程のお問合せを頂ければ幸いです。

たくさんの、かくれた才能やユニークさを持った方々にお会いできますことを。

———————-
おおばやしについて
http://s-a-i.fi/ja/about/

・Well-being アントレプレナー(フィンランド、日本)
・フィンランド国家認定ソーシャルワーカー(socionomi)
・Encounter Art(臨床美術)インストラクター

日本、フィンランドで主に労働者福祉分野で活動。「個と全を活かす」をテーマにコミュニケーションツール開発(Cx3BOOSTER®)や、多くの関連ワークショップ、企業研修を提供しています。

ワークショップなど実践では、日本ではあまり見られない様々な手法(クリエイティブメソッズ等)や自社開発ツールを用い、まずは感性や深層意識、隠れた創造力を刺激し、心に負担のかからない形で「楽しく」各人の個性や可能性を引き出し、その多様性を受け容れながら、より良好でフェアなコミュニケーションの状態に整え、信頼ベースの人間関係を構築します。

同時に多様性の大切さ、一人ひとりの人生を含むより良い在り方(well-being)とは何かをしっかりと問い、そこから、当事者の方々が自発的協働的に考え、それぞれの目指す組織改革やチームビルディング、生産性の向上に取り組み、人も組織も共により良い状態になってゆくこと、workers-centred(自分たちで考え、実行する)改善・改革を継続的に実現していただくことを目指しています。

 

12768140_819876148142175_9165050560291526139_o Fuji-Xerox process

コメントは受け付けていません。