12/18イベントご参加ありがとうございました

日曜昼におこなわれた、【アルコールがなくても忘年会より三倍くらい楽しい 】 社会人交流イベント「バイアスフリー×感性コミュニケーション体験」、笑いとおいしさあふれた、とても楽しい催しとなりました。ご参加くださったみなさん、ありがとうございます!

参加者の方々は、はじめは「名刺交換、職業紹介禁止」ということで、何を話していいかわからず、戸惑っていらっしゃいましたが、クリエイティブ思考を使って落書きを描いたり、Cx3miniでの「自分」についての質問エクササイズを続けるうち、かざらず直感で発言し、お互いの個性をあじわうことや、ゲーム内の駆け引きを全身で楽しんでくださっていました。

昼食調達ミッションでは、ファシリテーターがお留守番で、参加者のみなさんが「ある条件」を満たす昼食を予算内でゲットするというものだったのですが、協力して素晴らしいチームワークをみせ、おいしいごはんを時間内にみつくろってくださいました。(写真は食事の一部です)

昼食を摂りながら、これまであまり話さなかったお互いの仕事について可能な範囲で明かし、流れから最近抱えている悩みなどを自然にお話しいただいたのですが、どの方のお話に対しても、非常に高い共感力で、思いやりをもって聴きあって、よい距離界で励ましあっていらしたのが印象的でした。

感性コミュニケーションがテーマなので、昼食後には「この一年(仕事/プライベート)を作品で表してください」と、おなじみ色のピース「いろくみ」を使い、作品を示しながらお話いただきました。みなさん、とても個性ゆたかな作品を作っていらっしゃいました。(私の学んだフィンランドや、欧米の多くの国では、このような、言葉によらない表現方法がすすんでいます。切り口を変え、創造物や芸術などを媒介としておくことで、お話が不得意な方でも、表現がしやすくなります。)

約4時間の交流があっという間でしたが、どなたも「楽しかった!」とおっしゃっていただき、当初の目的であった「①感性による交流を体験(ふだんしたことのない出会い方を」「②自分や人の面白さを発見」「③仕事おさめに向け癒しと元気を」は無事満たせたと感じました。以下、いただいたご感想まとめです。

・社会人になって、人との出会いが減っていた、友人を作ることがとても難しくなっていた
・学生時代からの友人とは、仕事の重い話はできない。こういうふうに、受け入れてもらえる雰囲気での会話は、とても新鮮だった
・人と直感や本音で語り合うことをまったくしてこないで、自分を押し殺していたことに気づいた
・とても楽しく、癒されて、いつもよりリラックスして月曜を迎えることができた

いらした時の顔と、イベントが終わって帰られるときのみなさんの表情がまったく違っていて、私もエクササイズ中たくさんのことに気づきました。 最後に「今更ですが、名刺交換してもいいですよ?」にみなさん笑っていらっしゃいました。「今の関係のままが心地よい」と思われたようです。その関係性が、とても有意義なものに思えました。

同僚にも、友達にも言えないようなことを、安全な場所で語り合える、お互いの個性を尊重しつつ、いまの自分の素を安心して表現できる、何も気にせず楽しく笑える、そんな場を継続してこれからも提供させて頂きたいと思いました。

二か月ごとの開催を予定しており、次回は2月です。1月(28-29日)には、Cx3BOOSTERのファシリテーションも学べる「わたしが組織を変える方法」2daysを予定しております。ご興味をお持ちの方は、予定を押さえていただきますよう、お願いいたします。

img_20161218_125445

コメントは受け付けていません。