【仙台事務局オープン!】企業研修・ワークショップの仙台限定パックができました。

社会保険労務士事務所のHarmonyさまが主体となって行われた(伝説の)「仙台well-beingコミュニケーションワークショップ」から一年、仙台のお客様からは常にご予約を頂戴している状態となっており、この度より質の高いサービスを提供するために、株式会社マグネットデザインさま内に仙台事務局を開かせていただきました。ご助力くださった岩澤さん、門田さん、石井さん、ありがとうございます! ≫仙台限定パックのご案内

『社員を大切にすることが組織の発展にもつながるとお考えの事業者さまへ』

フィンランド国家認定ソーシャルワーカーであり、もと会社員でもある講師が行うSAIの研修・ワークショップは、切り口が少し違います。
ただのスキル的な社員教育ではなく、「自分のwell-being(より良い、幸福な生き方)とは何か」「自分にとって働くこととは」「自分とチーム、組織とは」「自分たちはどこへ向かうのか」また「自分が仲間や組織のためにできることはなんだろう」安全な場所でこんな問いかけにゆったりと向き合うことから、現実的な実行プラン…生産性向上や組織の発展に結び付け、人も組織もWin-Winとなる「個と全を活かす」が最終的には自主的に為されるような状態を目指す、今いる社員の方の力や意思を総合的に引き出してゆく、エンパワーメント型の研修です。
よって、「どうしたいのか」「そのために何をどうするか」の問いかけはあっても、「こう行動しなければならない」「こうあるべき」とこちらから”教える” ”強制する”ようなことはありません。

最初に行われるのが、三年半の研究に基づいて開発したツールによる、「安全でフェアなコミュニケーション作り」で、 ふだんの癖や職級や年齢などの上下を問わず、チーム理論的に理想的な「誰もが公平に話せる」状態を設定するため、せっかくの良い研修でも気が引けて自分の意見を言えない、遠慮してしまう、受け身になる、という状態がまずありません。そこから様々な意見や個性、自主参加性を引き出し、多様であり且つ集団として相乗的にまとめることから研修が始まりますので、最終的な効果が大きく変わってきます。
知識パートの内容は、はたらく人にとって「要らない荷を背負いすぎず、自分らしくがんばろうと思っていただくために」有益と思われる情報を日本や世界の様々な分野の研究から引き出し、図や体感でわかりやすくお伝えしています。講師ももと社会人ですので、理論的であると同時に実践的で納得できることを心がけています。また参加者主体のアクティブラーニング形式であり、合理性⇔感性、論理 ⇔創造的思考、言語化+可視化、深さ+楽しさなど、バランスのとれた内容で、参加者の方の脳のあらゆる部分を刺激し、ただ座って聞くだけでは終わらない、学んで、表現して、笑って、考えて、エキサイティングな時間を提供いたします。(日本語のほか英語での研修も可能です。)
自身が会社員として社内コミュニケーションの問題にもがき苦しみ無力感と後悔を重ね、手探りで挑戦をはじめ、このようなお仕事をさせて頂きたいと思って約10年。社会人経験、国内外での講師経験、フィンランドの職業大学での学びやトレーニング、起業を経て、日本のはたらく人の生きやすさ、働きやすさや幸福のために、やっと「自信をもって」お役に立てるときが来たように思います。まだまだ発展途上ではありますが、私のような経歴を持ち、このような特殊な切り口で研究開発と講師をしている人はほかにはいらっしゃらない(はずです)ので、絶えず自分も学び内省しながら、ご依頼をいただく企業さま、そこにはたらく大切な社員のみなさんのために、全力で努めさせていただきたいと思っております。内容はすべて聞き取りによるオーダーメイドでご提供いたします。
「人の心を大切にすることが、やがて組織を育てる」
「そもそもすべての仕事は社会貢献である」
「本来、はたらくことはたくさんの喜びをもたらす。そのような会社でありたい」
このようなお考えをお持ちの経営者さまには、かならず「響く」研修になるかと存じます。どうぞ、私にお手伝いをさせてください。
SAI Japan おおばやしあや
   

コメントは受け付けていません。